イタリア若手最高峰の室内楽の音色を日本に届けたい

集まっている支援金

470,000 円

156%
目標: 300,000 円

支援者

41人

終了済み

このプロジェクトは、2019/04/09 に募集を開始し、41 人の支援により470,000 円の資金を集め、2019/04/25 00:00 に募集を終了しました。

イタリアでピアノ三重奏団「トリオカノン」として結成してから、7年目。
私たちはついに大阪の夢の舞台、ザ・フェニックスホールでライブをします。

ピアノ三重奏とは、ピアノと2つの楽器での合奏のことを指し、
一般的にはピアノ、ヴァイオリン、チェロでの演奏形態に当たります。
また、このように少ない人数でのアンサンブルを日本では「室内楽」と言います。

このプロジェクトでは私たちが7年かけて積み重ねてきた音楽の経験、
かけてきた思いを優勝記念凱旋コンサートを通して伝えたい。
そしてイタリアから日本へ、私たちが培ってきた技術、音楽への向かい方を
若手音楽家たちに伝え、将来の国際的なプロジェクトへと繋いでいきたい。

そんな思いを持ち、クラウドファンディングを立ち上げました。

プロジェクトの紹介

トリオカノン 優勝記念凱旋コンサート

イタリア若手最高峰の室内楽の音色を日本に届けたい

 



【はじめにご挨拶】


私はイタリアで2012年に結成されたピアノ三重奏「トリオカノン」のヴァイオリニスト横山令奈です。

他の2人のメンバーはチェリストのアレッサンドロ・コピアとピアニストのディエゴ・マッカニョーラです。


室内楽の文化が古くから根付いたヨーロッパで、

グループを継続していくにはとてもたくさんの苦労がありました。


それぞれの個性を尊重しつつも共通の、一つの共同体としての音や音楽を作るということが

いかに難しいかということを特に結成当初は感じつつ、それでも多くの労力や時間を費やし

3人一緒に今まで7年間積み重ねてきたものが、今の私たちの信じる室内楽の音の真髄となりました。


2018年3月にピネローロ国際室内楽コンクール(ジュネーブ国際音楽コンクール世界連盟)第1位、

ブラームス作品最優秀賞、観客賞というこのコンクール歴初の三冠を達成することができ、

イタリアをはじめヨーロッパでの活動の幅が広がる中で、自分の生まれ育った日本にも

私たちの音を届けたいという思いが強くなりました。

 

トリオの経歴及びアーティストそれぞれの経歴は

トリオカノン オフィシャルサイトをご参照ください 。


https://www.triokanon.it

【このプロジェクトで実現したいこと】


音楽家とはライヴパフォーマーです。

何時間一人で練習しても、お客さんの前で思い通りの演奏するためには

ライヴで経験を積むことが成長するためには一番大切なことです。


ヨーロッパには室内楽に適した教会や古い宮殿の一室などが多く存在し、

あまりお金がかからないコンサートをすることができます。


そして、音楽家当人よりも劇場や財団がコンサートシーズンを企画し

音楽家はそこに招かれて演奏しギャラをもらうというスタイルの方が主流です。


そのためか、若い室内楽グループでも結成当初から数々のコンサートで経験を積むことができます。


日本では素晴らしい音響のコンサートホールは多いのですが、音楽家の負担が大きいため、

若手室内楽グループが頻繁にコンサートを企画するには大変な労力がいります。


とはいえ実はイタリアでも私たちのように同じメンバーで

何年間も活動を続けているグループ、特に経費がかかり

練習場所も限られたピアノ三重奏団は実はあまり多くはありません。


室内楽を続ける上で一番大切なことは、仲間を信じ、自分を信じて

逆境に負けずに演奏を続けることです。今回その私たちの室内楽に賭けた思いを

是非日本の方々、特に若手の音楽家にも届けたい、そして音楽を通じた交流から

また新しい出会いや国際的なプロジェクトへと繋いでいきたい。


その願いから私の地元の大阪の由緒あるザ・フェニックスホールで

凱旋コンサートを企画することにしました。


今回のコンサートは私たちが日本で行う初めての大きなトリオ単独コンサートとなり、

これをきっかけに将来的には日本の音楽家とのコラボレーションや、

若手音楽家のためのマスターコースなど新しいプロジェクトにも繋げていきたいと願っています。


また、一人でも多くの音楽を目指す学生に

私たちの経験を伝えたいという思いがあります。

目標を達成できた場合は、学生に対して無料招待を行いたいと考えております。

【室内楽とは】


室内楽、イタリア語でムジカ・ダ・カメラ(部屋の音楽)とは、

もともとは王侯貴族の館で演奏される世俗音楽で、それがのちに貴族だけでなく

音楽家やアマチュア同士の社交の手段として発達した音楽です。


今ではソロやオーケストラと同じくコンサートホールで演奏することが主流となっていますが、

元々の性質は楽器を持ち寄り気の合うもの同士で楽んだり、

作曲家が出来たばかりの作品を友達の音楽家と共に

サロンコンサートで発表したりするものでした。


室内楽奏者にとって一番大切なものは演奏するもの同士の絆です。


何年も共に演奏し切磋琢磨した仲間との演奏は、数回のリハーサルで

曲を仕上げて演奏するコンサートのものとは全く違うものになります。

【資金の使い道】


3人の渡航費、チェロの輸送費、リハーサル期間の滞在費、コンサートの企画や運営費

また目標を達成できましたらコンサートへの学生無料招待券に充てられます。


このコンサートを成功させ、これから先日本での新しいプロジェクトを実現していくために

是非皆様のご協力をお願い致します。

《応援メッセージ》妹 横山亜美より



はじめまして。

トリオカノンのヴァイオリンを務める横山令奈の妹 横山亜美です。

姉と同じくヴァイオリニストとして現在関西を拠点に活動しております。


姉と私 お互いに、それぞれ18歳の時にイタリア クレモナへ渡り留学生活を経験しました。

その当時のことは今でも懐かしく、切磋琢磨し、時には競い合い、

励ましあいながら演奏家を目指し努力をしていたことを覚えています。


ですが、7年前に私たちの母が他界し、

それを機に姉妹は別々の場所へ、姉はイタリア、私は日本で

それぞれの道を歩み始めました。


それから間も無く、姉はトリオカノンを結成することを決断しました。


私もそうでしたが、音楽活動をする際への覚悟と言えば良いでしょうか、

母のことがあった後、後悔しない選択をしていきたい、と

強く思うようになりましたが、姉がトリオカノンをすると決めたのも

そういう理由があったからではないかと思っています。


それから姉は、ずっとイタリアを拠点に仲間とともに努力をし続け、

ついには昨年、ヨーロッパでの権威ある室内楽コンクールで

トリオカノンとして優勝するまでに至りました。


そのことを私が知った際は本当に嬉しくて、

姉の発展、進化に感動してしまい、日本にいながら涙を流してました。


姉 横山令奈は全身全霊で音楽に取り組む

素晴らしい音楽プレイヤーのうちの一人として、

妹としてだけではなく、一演奏家として見てそう思います。


彼女を含めたトリオカノンの活動に、

是非ご賛同していただき、ご支援をお願いできればと思います。

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします!


また、私たち横山姉妹のストーリーは以前、

読売テレビ『グッと!地球便 ~海の向こうの大切な人へ~』(2017/06/25放送)で

紹介をされています。よろしければどうぞご覧ください。


イタリア若手最高峰の室内楽の音色を日本に届けたい

集まっている支援金

470,000 円

目標支援金額: 300,000 円

156%

支援者

41人

終了済み

このプロジェクトは、2019/04/09 に募集を開始し、41 人の支援により470,000 円の資金を集め、2019/04/25 00:00 に募集を終了しました。

イタリアでピアノ三重奏団「トリオカノン」として結成してから、7年目。
私たちはついに大阪の夢の舞台、ザ・フェニックスホールでライブをします。

ピアノ三重奏とは、ピアノと2つの楽器での合奏のことを指し、
一般的にはピアノ、ヴァイオリン、チェロでの演奏形態に当たります。
また、このように少ない人数でのアンサンブルを日本では「室内楽」と言います。

このプロジェクトでは私たちが7年かけて積み重ねてきた音楽の経験、
かけてきた思いを優勝記念凱旋コンサートを通して伝えたい。
そしてイタリアから日本へ、私たちが培ってきた技術、音楽への向かい方を
若手音楽家たちに伝え、将来の国際的なプロジェクトへと繋いでいきたい。

そんな思いを持ち、クラウドファンディングを立ち上げました。

イタリアでピアノ三重奏団「トリオカノン」として結成してから、7年目。
私たちはついに大阪の夢の舞台、ザ・フェニックスホールでライブをします。

ピアノ三重奏とは、ピアノと2つの楽器での合奏のことを指し、
一般的にはピアノ、ヴァイオリン、チェロでの演奏形態に当たります。
また、このように少ない人数でのアンサンブルを日本では「室内楽」と言います。

このプロジェクトでは私たちが7年かけて積み重ねてきた音楽の経験、
かけてきた思いを優勝記念凱旋コンサートを通して伝えたい。
そしてイタリアから日本へ、私たちが培ってきた技術、音楽への向かい方を
若手音楽家たちに伝え、将来の国際的なプロジェクトへと繋いでいきたい。

そんな思いを持ち、クラウドファンディングを立ち上げました。

プロジェクトの紹介

トリオカノン 優勝記念凱旋コンサート

イタリア若手最高峰の室内楽の音色を日本に届けたい

 



【はじめにご挨拶】


私はイタリアで2012年に結成されたピアノ三重奏「トリオカノン」のヴァイオリニスト横山令奈です。

他の2人のメンバーはチェリストのアレッサンドロ・コピアとピアニストのディエゴ・マッカニョーラです。


室内楽の文化が古くから根付いたヨーロッパで、

グループを継続していくにはとてもたくさんの苦労がありました。


それぞれの個性を尊重しつつも共通の、一つの共同体としての音や音楽を作るということが

いかに難しいかということを特に結成当初は感じつつ、それでも多くの労力や時間を費やし

3人一緒に今まで7年間積み重ねてきたものが、今の私たちの信じる室内楽の音の真髄となりました。


2018年3月にピネローロ国際室内楽コンクール(ジュネーブ国際音楽コンクール世界連盟)第1位、

ブラームス作品最優秀賞、観客賞というこのコンクール歴初の三冠を達成することができ、

イタリアをはじめヨーロッパでの活動の幅が広がる中で、自分の生まれ育った日本にも

私たちの音を届けたいという思いが強くなりました。

 

トリオの経歴及びアーティストそれぞれの経歴は

トリオカノン オフィシャルサイトをご参照ください 。


https://www.triokanon.it

【このプロジェクトで実現したいこと】


音楽家とはライヴパフォーマーです。

何時間一人で練習しても、お客さんの前で思い通りの演奏するためには

ライヴで経験を積むことが成長するためには一番大切なことです。


ヨーロッパには室内楽に適した教会や古い宮殿の一室などが多く存在し、

あまりお金がかからないコンサートをすることができます。


そして、音楽家当人よりも劇場や財団がコンサートシーズンを企画し

音楽家はそこに招かれて演奏しギャラをもらうというスタイルの方が主流です。


そのためか、若い室内楽グループでも結成当初から数々のコンサートで経験を積むことができます。


日本では素晴らしい音響のコンサートホールは多いのですが、音楽家の負担が大きいため、

若手室内楽グループが頻繁にコンサートを企画するには大変な労力がいります。


とはいえ実はイタリアでも私たちのように同じメンバーで

何年間も活動を続けているグループ、特に経費がかかり

練習場所も限られたピアノ三重奏団は実はあまり多くはありません。


室内楽を続ける上で一番大切なことは、仲間を信じ、自分を信じて

逆境に負けずに演奏を続けることです。今回その私たちの室内楽に賭けた思いを

是非日本の方々、特に若手の音楽家にも届けたい、そして音楽を通じた交流から

また新しい出会いや国際的なプロジェクトへと繋いでいきたい。


その願いから私の地元の大阪の由緒あるザ・フェニックスホールで

凱旋コンサートを企画することにしました。


今回のコンサートは私たちが日本で行う初めての大きなトリオ単独コンサートとなり、

これをきっかけに将来的には日本の音楽家とのコラボレーションや、

若手音楽家のためのマスターコースなど新しいプロジェクトにも繋げていきたいと願っています。


また、一人でも多くの音楽を目指す学生に

私たちの経験を伝えたいという思いがあります。

目標を達成できた場合は、学生に対して無料招待を行いたいと考えております。

【室内楽とは】


室内楽、イタリア語でムジカ・ダ・カメラ(部屋の音楽)とは、

もともとは王侯貴族の館で演奏される世俗音楽で、それがのちに貴族だけでなく

音楽家やアマチュア同士の社交の手段として発達した音楽です。


今ではソロやオーケストラと同じくコンサートホールで演奏することが主流となっていますが、

元々の性質は楽器を持ち寄り気の合うもの同士で楽んだり、

作曲家が出来たばかりの作品を友達の音楽家と共に

サロンコンサートで発表したりするものでした。


室内楽奏者にとって一番大切なものは演奏するもの同士の絆です。


何年も共に演奏し切磋琢磨した仲間との演奏は、数回のリハーサルで

曲を仕上げて演奏するコンサートのものとは全く違うものになります。

【資金の使い道】


3人の渡航費、チェロの輸送費、リハーサル期間の滞在費、コンサートの企画や運営費

また目標を達成できましたらコンサートへの学生無料招待券に充てられます。


このコンサートを成功させ、これから先日本での新しいプロジェクトを実現していくために

是非皆様のご協力をお願い致します。

《応援メッセージ》妹 横山亜美より



はじめまして。

トリオカノンのヴァイオリンを務める横山令奈の妹 横山亜美です。

姉と同じくヴァイオリニストとして現在関西を拠点に活動しております。


姉と私 お互いに、それぞれ18歳の時にイタリア クレモナへ渡り留学生活を経験しました。

その当時のことは今でも懐かしく、切磋琢磨し、時には競い合い、

励ましあいながら演奏家を目指し努力をしていたことを覚えています。


ですが、7年前に私たちの母が他界し、

それを機に姉妹は別々の場所へ、姉はイタリア、私は日本で

それぞれの道を歩み始めました。


それから間も無く、姉はトリオカノンを結成することを決断しました。


私もそうでしたが、音楽活動をする際への覚悟と言えば良いでしょうか、

母のことがあった後、後悔しない選択をしていきたい、と

強く思うようになりましたが、姉がトリオカノンをすると決めたのも

そういう理由があったからではないかと思っています。


それから姉は、ずっとイタリアを拠点に仲間とともに努力をし続け、

ついには昨年、ヨーロッパでの権威ある室内楽コンクールで

トリオカノンとして優勝するまでに至りました。


そのことを私が知った際は本当に嬉しくて、

姉の発展、進化に感動してしまい、日本にいながら涙を流してました。


姉 横山令奈は全身全霊で音楽に取り組む

素晴らしい音楽プレイヤーのうちの一人として、

妹としてだけではなく、一演奏家として見てそう思います。


彼女を含めたトリオカノンの活動に、

是非ご賛同していただき、ご支援をお願いできればと思います。

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします!


また、私たち横山姉妹のストーリーは以前、

読売テレビ『グッと!地球便 ~海の向こうの大切な人へ~』(2017/06/25放送)で

紹介をされています。よろしければどうぞご覧ください。


もっと見る

支援コースを選ぶ

3,000 円コース

残り6人

支援者:4人

3,000円コース
・サイン付CD 1st Album (2016年発売 ベートーベン)

配送予定:2019年06月

配送方法:郵送

募集が終了しました

4,000 円コース

残り8人

支援者:2人

4,000円コース
・サイン付CD 1st Album (2016年発売 ベートーベン)

・サイン入りトリオカノン特製ポストカード

配送予定:2019年06月

配送方法:郵送

募集が終了しました

4,000 円コース

残り7人

支援者:3人

4,000円コース
・サイン付CD 2nd Album
  (2019年3月発売 ブラームス/ドボルザーク ワーナーミュージック)

配送予定:2019年06月

配送方法:郵送

募集が終了しました

5,000 円コース

残り4人

支援者:6人

5,000円コース
・サイン付CD 2nd Album (2019年3月発売
  ブラームス/ドボルザーク ワーナーミュージック)

・サイン入りトリオカノン特製ポストカード

配送予定:2019年06月

配送方法:郵送

募集が終了しました

7,000 円コース

残り8人

支援者:17人

7,000円コース
・ サイン付CD 1st Album (2016年発売 ベートーベン)

・ サイン付CD2nd Album(2019年3月発売
  ブラームス/ドボルザーク ワーナーミュージック)

・サイン入りトリオカノン特製ポストカード

・トリオカノンメンバーからの手書きお礼メッセージ付き

配送予定:2019年06月

配送方法:郵送

募集が終了しました

10,000 円コース

残り6人

支援者:5人

10,000円コース
・サイン付CD 1st Album (2016年発売 ベートーベン)

・サイン入りトリオカノン特製ポストカード

・4月27日コンサートの当日午後ゲネプロご招待

・4月27日トリオカノン 優勝記念凱旋コンサート2名様までご招待

配送予定:2019年04月

配送方法:対面

募集が終了しました

15,000 円コース

残り2人

支援者:2人

15,000円コース
・サイン付CD 2nd Album(2019年3月発売
  ブラームス/ドボルザーク ワーナーミュージック)

・サイン入りトリオカノン特製ポストカード

・4月27日当日午後ゲネプロご招待

・4月27日トリオカノン 優勝記念凱旋コンサート2名様までご招待

配送予定:2019年04月

配送方法:対面

募集が終了しました

70,000 円コース

残り1人

支援者:0人

70,000円コース
・サイン付CD 1st Album(2016年発売 ベートーベン)

・サイン付CD 2nd Album(2019年3月発売
  ブラームス/ドボルザーク ワーナーミュージック)

・サイン入りトリオカノン特製ポストカード

・4月27日コンサートの当日午後ゲネプロご招待

・4月27日トリオカノン 優勝記念凱旋コンサート2名様ご招待

・コンサート当日トリオカノンメンバーとの昼食にご招待

配送予定:2019年04月

配送方法:対面

募集が終了しました

100,000 円コース

残り1人

支援者:2人

100,000円コース
・横山令奈単独でプライベートコンサート
(交通費別途、日時は後日相談)

配送予定:2019年07月

配送方法:対面

募集が終了しました

200,000 円コース

残り2人

支援者:0人

200,000円コース
・横山姉妹でプライベートコンサート
(交通費別途、日時は後日相談)

配送予定:2019年07月

配送方法:対面

募集が終了しました

支援コースを選ぶ

3,000 円コース

残り6人

支援者:4人

3,000円コース
・サイン付CD 1st Album (2016年発売 ベートーベン)

配送予定:2019年06月

配送方法:郵送

募集が終了しました

4,000 円コース

残り8人

支援者:2人

4,000円コース
・サイン付CD 1st Album (2016年発売 ベートーベン)

・サイン入りトリオカノン特製ポストカード

配送予定:2019年06月

配送方法:郵送

募集が終了しました

4,000 円コース

残り7人

支援者:3人

4,000円コース
・サイン付CD 2nd Album
  (2019年3月発売 ブラームス/ドボルザーク ワーナーミュージック)

配送予定:2019年06月

配送方法:郵送

募集が終了しました

5,000 円コース

残り4人

支援者:6人

5,000円コース
・サイン付CD 2nd Album (2019年3月発売
  ブラームス/ドボルザーク ワーナーミュージック)

・サイン入りトリオカノン特製ポストカード

配送予定:2019年06月

配送方法:郵送

募集が終了しました

7,000 円コース

残り8人

支援者:17人

7,000円コース
・ サイン付CD 1st Album (2016年発売 ベートーベン)

・ サイン付CD2nd Album(2019年3月発売
  ブラームス/ドボルザーク ワーナーミュージック)

・サイン入りトリオカノン特製ポストカード

・トリオカノンメンバーからの手書きお礼メッセージ付き

配送予定:2019年06月

配送方法:郵送

募集が終了しました

10,000 円コース

残り6人

支援者:5人

10,000円コース
・サイン付CD 1st Album (2016年発売 ベートーベン)

・サイン入りトリオカノン特製ポストカード

・4月27日コンサートの当日午後ゲネプロご招待

・4月27日トリオカノン 優勝記念凱旋コンサート2名様までご招待

配送予定:2019年04月

配送方法:対面

募集が終了しました

15,000 円コース

残り2人

支援者:2人

15,000円コース
・サイン付CD 2nd Album(2019年3月発売
  ブラームス/ドボルザーク ワーナーミュージック)

・サイン入りトリオカノン特製ポストカード

・4月27日当日午後ゲネプロご招待

・4月27日トリオカノン 優勝記念凱旋コンサート2名様までご招待

配送予定:2019年04月

配送方法:対面

募集が終了しました

70,000 円コース

残り1人

支援者:0人

70,000円コース
・サイン付CD 1st Album(2016年発売 ベートーベン)

・サイン付CD 2nd Album(2019年3月発売
  ブラームス/ドボルザーク ワーナーミュージック)

・サイン入りトリオカノン特製ポストカード

・4月27日コンサートの当日午後ゲネプロご招待

・4月27日トリオカノン 優勝記念凱旋コンサート2名様ご招待

・コンサート当日トリオカノンメンバーとの昼食にご招待

配送予定:2019年04月

配送方法:対面

募集が終了しました

100,000 円コース

残り1人

支援者:2人

100,000円コース
・横山令奈単独でプライベートコンサート
(交通費別途、日時は後日相談)

配送予定:2019年07月

配送方法:対面

募集が終了しました

200,000 円コース

残り2人

支援者:0人

200,000円コース
・横山姉妹でプライベートコンサート
(交通費別途、日時は後日相談)

配送予定:2019年07月

配送方法:対面

募集が終了しました

漫画でわかるKanatta